「追憶」65点(100点満点中)
監督:降旗康男 出演:岡田准一 小栗旬

しっかりとした映画

長い間、岡田准一の主演映画をいくつも見てきたが、そのたび思うのはこの人の映画は内容の良し悪しに関わらず客を満足させるものがある、ということだ。これはおそらく、まだ映画スターと言うものが存在した時代に、人々が抱いた感情に近いのではないか。

富山県の漁港で殺人事件が起きた。被害者の川端悟(柄本佑)は、刑事の四方篤(岡田准一)の旧友、しかも容疑者の田所啓太(小栗旬)を加えた3人は、幼いころある秘密を共有した特別な関係であった。篤は過去のつらいしがらみを引きずりつつ、自分の半生と事件に向き合うことを余儀なくされる。

「追憶」はミステリドラマだが、ミステリとして特段優れているわけではない。ダメというわけではないが、ストーリーだけなら平均より多少良くできている、といったところだ。世の中には、お話だけならこれ以上のものはゴロゴロしている。幼馴染が成長して、容疑者と警官として再会する設定とか、子供時代に忘れられないトラウマを受けたとか、真新しさは皆無であろう。

しかし、である。「追憶」は抜群に面白いのである。これを見ると、ごく普通のミステリでも、いい役者が演じ、いいカメラマンが撮れば、それだけで見るに値する映画になることがよくわかる。

主演の岡田准一は顔の出来が良いので、ただ画面に写っているだけでも間が持つ。シンプルな服だし、決してラインがおしゃれなものではないのだが、実に見栄えがする。

演技面でも問題はない。彼が何か悩んでいる表情をすれば、それがなぜなのか、観客全員の気を引ける。単なる演技力ではない、こういう吸引力が主演俳優には求められる。

脇から彼を支える小栗旬や木村文乃、吉岡秀隆といった面々も安定している。みな、主演作品を一人でもたせるくらいの魅力がある人たちばかりだ。

たとえ世紀の大どんでん返しがなくとも、こういう人たちが映画のためだけに作られた無理のない脚本を的確に演じれば、人の心を動かすドラマを作り出せる。少なくとも「追憶」には1800円分の感動があるし、満足感はもっとある。

降旗康男監督は力のある人だから、中年以降の映画好きな人にもすすめられるこうしたまともな日本映画、を生み出せる。当たり前のことが当たり前にできる、それがこれほど貴重に感じられるというのもどうかと思うが。

それにしても岡田准一はいい役者である。きっと今後も日本映画を支えてゆくことになるだろう。

これは彼の周囲の方々に言いたいのだが、あまり保守的になることなく、彼が活きそうな企画をどんどん考え、果敢に挑んでいってほしいと思う。たとえ冒険して失敗しても(イマイチな出来になっても)、彼さえ出ていれば客はあまり損した気持ちにはならないだろう。つまりこうした存在は、作り手にとってもチャンスを与えてくれるのである。

オカダのはなし
本人のエッセイ集です。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.