『ルドandクルシ』55点(100点満点中)
Rudo y Cursi 2010年2月、シネマライズ、新宿バルト9ほかにて全国ロードショー 2008年/メキシコ/スペイン語/ビスタ/SRD・DTS/カラー/101分/配給:東北新社
監督・脚本:カルロス・キュアロン プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロ 撮影:アダム・キンメル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル ディエゴ・ルナ ギレルモ・フランチェラ

メキシコを舞台に

ワールドカップ南ア大会も近いし、ここらでサッカー映画でも。──というわけで(もないだろうが)登場したのが『ルドandクルシ』。ノー天気な明るさに満ちたこのハートフルコメディは、しかしメキシコ映画界の誇る才能たちが本気で作った入魂の一本。

バナナ園で働く兄弟ベト(ディエゴ・ルナ)とタト(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、たまたま出会ったスカウトマンの目にとまり、プロサッカー選手としてデビューする。あれよあれよと人気も急上昇、暮らしもどんどん豊かになっていくが……。

この映画、新鋭カルロス・キュアロン監督を周りで支えるメンバーがすごい。実兄のアルフォンソ・キュアロン(「トゥモロー・ワールド」監督)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バベル」監督)、ギレルモ・デル・トロ(「パンズ・ラビリンス」監督)など早々たるメンバーが製作として名を連ねている。

主演の二人も、メキシコ映画というより、もはや世界的といっていいスターだ。それが本作では、股間をいじりながらテレビを見るといった、親密感あふれる演技をみせるのだからたまらない。ファンも大喜び、サービスのいい映画である。

とんとん拍子で進む前半から一転、後半は人生の酸味を味わうことになる兄弟だが、それでもさほどの悲壮感がないあたりが特徴的。そのうちなんとかなるだろうという、まさに植木等的価値観の体現である。いまの暗い顔をした不況日本人の皆さんに、もっとも足りないものでもある。

陽気でのんきで気が休まる。才能と情熱の方向が不幸にして違っていた兄弟の、それでも大好きなもので身を滅ぼす人生。ほろ苦いが、しかし時間は続き、過ぎてゆく。これをみれば、自身の人生をもう少し愛でてあげようという気になる……かもしれない。

『ルドandクルシ』 サウンドトラック
サントラ。
ホラ吹き太閤記 [DVD]
みろよ青い空、白い雲。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.