『バビロン A.D.』60点(100点満点中)
Babylon A.D. 2009年5月9日(土)より、お台場シネマメディアージュ他全国ロードショー! 2008年/アメリカ・フランス/シネスコ/ドルビーSR・SRD/DTS/日本版字幕:林 完治/90分/配給:20世紀フォックス映画
監督・脚本:マチュー・カソヴィッツ 出演:ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ヨー、メラニー・ティエリー、ジェラール・ドパルデュー、ジェロム・レ・バンナ

ハリウッドマッチョ対決

かねてから映画界に興味津々のK1の番長、ジェロム・レ・バンナは、今回なんと数少ないマッチョスターの生き残り、ヴィン・ディーゼルの主演作で共演し、格闘シーンまで演じるという話題性を提供してくれた。

荒廃した近未来のセルビア。金で何でも運ぶ凄腕の傭兵トーロップ(ヴィン・ディーゼル)は、モンゴルの修道院からアメリカのニューヨークまで、一人の娘(メラニー・ティエリー)を送り届ける仕事を依頼される。保護者としてついてきたシスター・レベッカ(ミシェル・ヨー)を加え、3人で長い旅に出たトーロップだが、次々と強力な追っ手に襲われる。いったいこの娘の正体はなんなのか。

批評家からも観客からもそっぽを向かれ、米国ではコケてしまった本作だが、退屈しない程度には楽しめるSFアクションとなっている。

3人が長距離鉄道でウクライナあたりを移動中、原発の廃墟の近くにクレーターが開いている不気味な風景が出てくる。映像の力のみで世界観を説明していくこうしたやりかたは、シンプルながら迫力があってとてもいい。

ただの修道女かとおもいきや、じつはめっぽう強いミシェル・ヨーなど、期待通りのサービスも満載。きみんちはカンフー寺か。

肝心の、レ・バンナとディーゼルのヘビー級バトルの見ごたえも十分。ただ、少々カットを細かく割りすぎていて、せっかくの格闘術がさえぎられてしまっているのは残念。本物の技に裏打ちされたアクションほど、貴重なものはないのだから、もっと素直にみせたらいい。

マッチョ好きのわがまま処女という、わけのわからないヒロイン像も新鮮でよい。この女の子が端々で見せる、身勝手でぶっとんだ理屈には何度も笑わせてもらった。作り手も役者も大真面目だからたまらない。

なんとか稼動中の古い原潜が出てきたり、無人機の攻撃をうけたりといった軍事的なアクションも見所。この無人戦闘機がまたじつに愛らしく、戦略性はゼロ、ロボコンなみのおっちょこちょいな戦いぶりに大笑いできる。

かつて米国の味方(愛国者)だった主人公は、今ではなぜかテロ犯の汚名を着せられている。その彼が、再び米国に舞い戻る。ヴィンつながりというわけじゃあるまいが、なかなか渋い構図である。

そんな感じで、いくつもの楽しい突っ込みどころがあるし、なによりディーゼルのバルキーな肉体美も味わえる。単純にスカッとしたい人なら、見て損ということはないだろう。

バビロン・ベイビーズ
映画の元になったSF小説。
コナン・ザ・グレート〈特別編〉 [DVD]
レ・バンナはこの映画にあこがれていたそうです。アーノルドの現役時代の肉体が見られます。ちなみにレ・バンナは演技がとても上手いです。今後も注目。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.