『デイ・オブ・ザ・デッド』75点(100点満点中)
Day of the Dead 2008年8月30日(土)、シアターN渋谷ほか全国ロードショー 2008/米/SRD/1時間25分/R-15/配給:ムービーアイ
監督:スティーブ・マイナー、脚本:ジェフリー・レディック 特殊メイク・デザイン:ディーン・ジョーンズ 出演:ミーナ・スヴァーリ、ニック・キャノン、ヴィング・レイムス

ロメロ「死霊のえじき」がリメイク

『デイ・オブ・ザ・デッド』は、ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロによる三部作の最終作「死霊のえじき」(85年、米)のリメイクだが、見る際にはその事を真っ先に忘れなくてはならない。

最大のウリを最初に無視しろとはとんでもない話だが、こればかりは仕方がない。ゾンビを手なづけたり銃器を操作したりと多少の影響は見られるものの、原作越えなど下手な期待をすると、あまりに無関係な内容に客側がショック死する。

コロラド州のある町が、州兵の大部隊により演習と称され極秘に封鎖された。じつは町の中では、謎のウィルスが蔓延していたのだ。やがて感染者はゾンビとなり、人々を襲い始める。地元出身の兵士サラ(ミーナ・スヴァーリ)は、部下の兵士(ニック・キャノン)らと実家の家族の様子を見に行くが、そこで騒ぎに巻き込まれる。果たして彼らは無事脱出することができるのか。そしてウィルス感染事件の驚愕の真相とは?

世界の終わりを描いたオリジナルに比べ、コロラドのちっぽけな田舎町の終わりを描いた本作。スケールという点では大幅に縮小したが、それなりの予算を組んでいるのでアクションホラーとしてはなかなか見栄えがする。ゾンビはえらいスピードで駆け回り、二階の窓から平気で続々飛び降りて追ってくる。天井だろうが壁だろうが這い回るしつこさは、こちらに考える暇を与えずパニックを巻き起こす。

ヒロインのミーナ・スヴァーリは、英アカデミー助演女優賞にノミネートされた「アメリカン・ビューティー」などの出演作で知られる。実家は大金持ちで、州兵なんぞに就職することは永遠にない本物のセレブリティだが、頼りになる女下士官をしっかりキメている。チラシや公式サイトで見られる「志村、後ろ!」と叫びたくなるメインイメージはなかなかユニークだ。

彼女の相棒?となるニック・キャノンは、いまやマライア・キャリーの旦那さん。予告編でもそんな肩書きになっていて笑いを誘う。

新『デイ・オブ・ザ・デッド』は、とりわけ新味はないものの、お客さんを喜ばせるツボは心得ている。ド定番、という言葉しか思いつかないが、納涼用途としては必要にして十分。適度にショックあり、スカッとする展開あり。ゾンビものに何のこだわりもない、ライトユーザーには十分お勧めできる。

ただ、リメイクには関わっていないという御大ジョージ・A・ロメロは、この毒のない内容をみてどんな気持ちであろう。

スマイルBEST 死霊のえじき 完全版
廉価版、安い。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.