『ブラブラバンバン』55点(100点満点中)
2008年3月15日より渋谷Q-AXシネマほか全国ロードショー 2007年/日本/93分/配給:トルネードフィルム

安良城紅が、音楽に発情する女子高生を好演

『ブラブラバンバン』は、(俳優でなく)歌手の安良城紅(あらしろべに)を主演に起用したことで、異様な迫力を持つ音楽映画になった。

県立高校生の白波瀬歩(しらはせあゆむ)(福本有希)は、ある夜『ボレロ』を吹く少女と出会う。とっさに自分のトランペットで合奏すると、不思議なことに彼女は空に舞い上っていった。後日、彼は学校の音楽室でその少女(安良城紅)を見つける。同じように演奏をはじめると、突然彼女は欲情し、白波瀬の服を脱がして襲い掛かるのだった。

良い音楽には人並みはずれて興奮(発情?)し、思わず脱いだり脱がしたりする特異体質の女子高生。そんな不思議なヒロインを中心にした、一風変わった青春ブラスバンド映画だ。

ブラスバンド部の面々は、彼女の特異体質が本当か知るために、わざとコンサートでエッチなムードの曲を演奏したみたりする。このあたりは奇抜な展開だが、終わってみればごく普通の学園ムービーであった。

ファンタジックな冒頭の出来事や、出演者一同のわざと棒読みにしているかのような台詞(本当に故意にやっていると思っていた)、さらには本作が柏木ハルコ原作ものだと聞いていたので、もっとシュールな内容かと考えていただけにこれは意外。

この映画で一番注目されるのは安良城紅だが、これは適役であった。

日本人離れしたハーフならではのはっきりした目鼻立ちと、やけにデカい胸。柏木ハルコ漫画特有の、生々しいエロティックなキャラクターにぴったりなルックスはもちろん、群を抜く存在感を示す声質は映画メディアに最適。

当然、最大の見所はラストのブラスバンド演奏で、ここで指揮棒を振る彼女の動き、自然に口ずさむメロディ、どちらもえらい迫力だ。まるで彼女自身が音楽になっているかのようで、思わず"開放"の二文字が頭に浮かんだ。

個人的には、一瞬で着ているドレスが脱げ落ち一糸まとわぬ姿になってしまうセクシーな場面も捨てがたいが、やはりこのクライマックスこそ、本作の注目点となろう。

ここでは、8人編成の小さなブラスバンドで演奏する形になっているが、映画的演出でその演奏は途中から大編成のそれに変わる。そのダイナミックな変遷には凄みを感じさせる。

ほかの出演者には、近野成美、徳永えり、そして南明奈と当代きっての美少女揃い。たいへん目の保養になる。

美しいボレロの旋律は、ブラスバンドで演奏されると不思議と懐かしさを感じる。音楽に打ちこんだ青春を持つあなたに、ぜひ見てほしいと思う。

ブラブラバンバン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
原作漫画第一巻。私が好きなのはこっちの方だったりしますが……。とてもエロい。
ブラブラバンバン オリジナル・サウンドトラック
このジャケット絵、さすが映画のヒロインとそっくりです。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.