『寝ずの番』65点(100点満点中)

中高年の観客が、こっそり楽しむべき映画作品

俳優、津川雅彦といえば、日本有数の芸能一家に育ち、なかでも日本映画界初期の映画監督、牧野省三(マキノ省三)を祖父に、1920年代から70年代まで活躍したマキノ雅弘監督を叔父にもつという、映画界にかかわりの深い人物。

そんな彼が、満を持して由緒あるマキノ姓を継ぎ、"マキノ雅彦"として初メガホンをとった作品が『寝ずの番』。上方落語界を舞台にした大人のコメディだ。

日本では、通夜に死人と一晩過ごしてあの世に送り出す『寝ずの番』という習慣があるが、この映画では、上方落語の重鎮(監督の兄でもある長門裕之が演じる)が亡くなり、その通夜に集まった弟子(中井貴一)ら、一癖もふた癖もある連中の、果てしないバカ騒ぎを描く。

いい大人がオンナ自慢をはじめたり、不謹慎にも死体を引っ張りだしてダンスをはじめたり、挙句の果てにはエロ歌三味線対決なんぞを本気ではじめてしまう、たわいもないバカ映画だが、若者をきっぱりと切り捨て、ターゲットを中高年に絞った作りには、非常に好感を持てる。

最近、この客層が楽しめる日本映画は少ない。シネコンの普及(なんとわが町、東の大都会こと亀有にまで出来た)により住宅街と映画館の距離が縮まっている現在、これからはこの年齢層を狙った作品の質が問われてこよう。

今際の際に、「最後にオンナのアソコが見たい」とのたまった師匠のため、弟子の中井貴一は自分の妻(木村佳乃)に頭を下げる。仕方なく下着を脱ぎ、思い切ってスカートをあげる木村佳乃の、妙にふっきれた、そして露出の快感に目覚めたかのようなウットリした表情が見ものだ。

さらにもうひとつ見所をあげると、三味線対決のときの中井貴一の歌声。カン高い声で、あまりに馬鹿馬鹿しいエロ歌詞を歌う。これがまた妙に心に残る。

このほか、中高年に人気がありそうな高岡早紀が、延々とあえぐサービスもある。

上方というよりは、東京下町の"粋"を感じさせる作品だが、この突き抜けたエロさ、下品さ、不謹慎さは決してテレビでは見られぬ、映画ならではのお楽しみ。正直、私の好みとは違うのだが、これはこれでアリだし、かなり受けると思われる。

とくに、監督と同世代の方は、今週はこれを選んでみてはどうだろう。新人監督らしい、勢いを感じさせる作品だ。

寝ずの番
中島らもによる原作短編集です。粋な世界、ちょっとお下品なギャグ満載のエピソードを、じっくりと楽しみたい人に。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.