『東京大学物語』65点(100点満点中)

原作者でなければ絶対できない凄まじい実写映画化

漫画『東京大学物語』といえば、江川達也の代表作にして、コミック史上に残るトンデモ最終回が大評判(大不評?!)の問題作。リアルタイムで週刊スピリッツを読んでいた私のような人間にとっては、あのすさまじい終盤の展開は、ある種のトラウマである。

もともと江川達也は、変化球好きというか、反骨精神たくましい漫画家で、毒のない『ドラえもん』へのアンチテーゼとして『まじかる★タルるートくん』という子供向け(?)漫画を描いたと言われるくらいの人物。その彼が渾身の力で送り出した漫画『東京大学物語』は、それはそれは凄い作品であった。萌えの原点だの、究極のエロ漫画だの、色々といわれているが、確かにそれは真実であろう。

その『東京大学物語』が、ついに実写映画となった。しかも、監督は江川達也本人。そして製作はアダルトビデオ界の雄、ソフト・オン・デマンドだ。史上最強の天然娘、遥ちゃん役にはグラビアアイドルの三津谷葉子が配され、世の男性諸氏が期待をかけるのも当然の布陣となっている。

主人公は北海道函館の女子高生、水野遥(三津谷葉子)。ある日彼女は、学校一の秀才、かつちょっとイケメンの村上直樹(田中圭)から、告白を受ける。突然のことに驚きつつも、それを受けた遥は、彼と一緒に上京すべく、村上と同じ東大を目指すのだった。

このあとは漫画どおり、東大入試の日に村上がとんでもない事をしでかし、それが原因で二人の恋と入試は大変な結果となる。つまり、基本的には漫画どおりにストーリーは進む。だがしかし、唯一漫画とは違う点がある。それは、主人公が村上から、はるかちゃんに変更されているということだ。

「なるほど、これは江川達也自身による、遥ちゃん視点の新解釈なんだ」と、(コミック版を読んでいる)観客は理解する。確かにそのとおりだ。しかしそうなると、大問題が発生する。

まず、コミック版の大きな特長、魅力は、思春期の男どもの、恋愛に対する赤裸々な心理を、恐るべきこまかな内面描写によって暴いた点にあった。それが、遥ちゃんが主人公になると、一切描けなくなってしまうのだ。

実際映画版は、村上側の心理は一切描かず、あのシーン、このシーンのとき、遥ちゃんがどう思っていたか、どう感じていたかにフォーカスを当てて描いている。しかし、これでは原作のような深みが一切ない。遥ちゃんはしょせん、フツーを外れたヘンな女の子に過ぎず、そんな子の内面など見ても、観客はあまり面白くはないのだ……。

ところが! である。わざわざ初長編監督として自らの作品、しかも『東京大学物語』を選んだ江川達也が、そんな生ぬるい実写化で終わらせるはずがなかったのである。私も途中まで、上記のように感じ、こりゃだめだな……と思っていたから、この映画の大きな仕掛けにまんまと引っかかった。

ある種のメタミステリである映画版『東京大学物語』は、確かに『東京大学物語』以外の何者でもなかった。こんな映画化のやり方は、原作者自身が監督する以外には絶対にできるわけがない。とにかく、ひどい作品である。←誉めている

"それ"が明らかになってからは、もう爆笑の連続。江川達也恐るべし。

さて、もうひとつの重要な要素、エロについても、そろそろ話すとしよう。まず、村上の童貞喪失シーン、これは凄かった。濡れ場は尺こそ短いものの(なにせあの長大な作品を2時間にまとめているのだ)、ちゃんと英里ちゃんによるフェラもあるし、ものすごくエロい。さすがはソフト・オン・デマンド(?)。

鈴木英里役のバラエティタレント、範田紗々は、これが初ヌードになるのだろうか。何か入ってるんじゃないかと思うくらいの巨大なオッパイで、ぶるんっ、という音が聞こえてくるかのようだ。色素の薄い乳首周辺はまさに男性の理想形、しかも仰向けでもぜんぜん崩れません。

そして、もうひとつ、原作の中でも名場面といえるであろう、教卓の中でのペッティングシーン。これもちゃんと実写になっている。しかも、この場面の再現性の高さは恐るべきもので、映画の中でも最高の場面のひとつとなっている。

パンツごとストッキングを下ろし、あの狭い空間で憧れの遥ちゃんを一枚一枚脱がしていく。この場面の臨場感たるや、半端ではない。三津谷葉子は、その大きな胸を大胆に露出し、ぐにぐに生ムネを揉みまくられ、とにかくエロイとしか言いようがない。ここにこそ、監督江川達也の才能がいかんなく発揮されているといえる。

三津谷葉子は、この映画の中で何度も裸になり、処女喪失シーンまで体当たりで熱演、ほとんどそのすべてを観客にさらけだしている。芸術とは無縁の、とにかくオトコが喜ぶような、Hなだけの脱がされ方、である。『東京大学物語』最大の魅力、エロ(しかもとても下品)については、十分合格点をあげたいと思う。

そんなわけでこの映画版『東京大学物語』、原作既読者にはおすすめである。それも、あの最終回を受け入れている人にこそ、お勧めしたい。原作コミックを読まずに観るのは、はっきり言って意味がない。試写室でも、原作を読んでなさそうな人はきょとんとし、よんだと思われる人は大爆笑していた。そういう映画である。

※2006/06/13……長らく噂されていたとおり、範田紗々がAVデビューしたようですね。⇒芸能人範田紗々デビュー

 
The 1st.(送料無料)
鈴木英里役の範田紗々のファーストDVDです。リンク先の写真ですが、ほとんど彼女が裸になってますので、18歳未満の方はご遠慮くださいませ。ただ、私による本文中の、彼女の胸描写が正しいことがおわかりになるかもしれません。
三津谷葉子写真集―MYSTERY(送料無料)
こちらは三津谷葉子ちゃんのお写真です。この人もとんでもなく立派なモノをもってますねぇ。デカすぎて水に浮いてますよ。巨乳女子高生、遥ちゃん役にはぴったりといえるのではないでしょうか。
東京大学物語 (1)
原作コミックです。これは面白いですよ〜。かなーりエッチですが、私の周りの女の子にも、ファンが結構います。女の子の方が本当はエロいんでないの?
▼『超映画批評』全文検索
Google
  Web movie.maeda-y.com   


連絡は前田有一(映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.