『まだまだあぶない刑事』40点(100点満点中)

全くまとめる気がないくせに、妙な仕掛けのある奇妙な脚本

舘ひろしと柴田恭兵が演じる刑事コンビのハチャメチャかつクールな活躍を描くアクション&コメディドラマ。80年代に大人気を博したテレビドラマの久々の映画化だ。物語は98年のテレビスペシャルのラストの設定を受け継いだ続編となる。

7年前から行方不明になっていた主人公、鷹山(舘ひろし)と大下(柴田恭兵)は、韓国のプサンで潜入捜査官として活躍していた。小型核兵器の取引現場を派手にぶち壊した二人は、その後横浜に戻るが、そこではなんとかつての部下トオル(仲村トオル)が、捜査課の課長に昇進していたのだった。

韓国ロケのアクションシーンでは実銃を使い、物語も核兵器の取引やらテロやらと実に壮大。かなり本格的な内容かなと思いきや、やはり良くも悪くも『あぶない刑事』はテレビドラマであった。

アップになると少々老けが目立つものの、二人は相変わらず渋くてカッコいいし、おなじみのギャグの数々も懐かしい。舘ひろしのバイクアクションもあるが、少々大人しくなってしまっているのはさびしい。浅野温子など、いまだにあの飛んだキャラを演じるんだから、ある意味恐ろしい。

新キャラとして二人と絡む若手刑事二人(窪塚俊介、佐藤隆太)は、演技力もキャラつくりもイマイチで、完全に主役二人の引き立て役

物語は、随所に妙な違和感を感じるままラストに向かうが、そこでその違和感の正体が明らかになる“仕掛け”が用意されている。まあ、悪いアイデアではないが、それならもっと伏線をたくさん張っておいたらよかった。

また、全体的に各シークエンスを単発で羅列した印象で、各場面のつながり、流れが悪い。物語をずいぶんとおっ広げてはいるが、まったくまとまっていない。なんだか、最初からまとめる気がなかったのではないかとすら思わせる。そんないい加減さを感じる脚本だ。まあ、それでもいいという事なのかもしれないが。

ユウジがつぶやくセリフ「7年か……。惚れたオンナの身体も崩れる頃だな」がカッコいい。まあ、映画としては平均点以下だが、彼らを久々に見れたのだけは良かったかな。

あぶない刑事 VOL.1(送料無料)
なつかしのTVドラマ版を思い出したい方には、こんなDVDもちゃんと出ております。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.