『ふたりの5つの分かれ路』40点(100点満点中)

あるカップルの出会いから別れを時間軸を逆に描いたドラマ

フランスの若手注目監督フランソワ・オゾン(「8人の女たち」「スイミング・プール」など)の最新作。

主人公は30代のカップル、マリオンとジル。二人は離婚手続きを終えると、まるで「最後の記念」とばかりに激しいセックスをする。妻だったマリオンに対し、いまだ未練があるかのように見えるジルはコトの後、「やり直せないか?」と聞くが、彼女は答えることなく去っていく。そして時間は遡り、まだ結婚生活を過ごしていたころのエピソードがはじまる。

二人のカップルの出会いから別れまでを描いた5つのエピソードを、時間軸を逆に並べた恋愛ドラマ。ストーリーに大きな起伏はなく、淡々と二人の経験した出来事が描かれる。一風変わった構成や、各エピソードのつなぎとしてかかる音楽の選曲センスに、この監督らしい個性を見ることができる。

時間軸を逆にすることで、「この二人が別れた原因はなんだろう」という興味を観客は最初から持ちつづけ、その謎は徐々に解けていくが、謎解きの快感に重点を置いた様子はまったく見えず、明快に正解を提示する事もない。

エピソードの中における各登場人物の心の動きというより、むしろエピソード間のそれに思いを寄せてしまうよう演出されている。見えない部分に観客の視点を誘導するとは、なかなか技巧に凝っている。

しかし注意してほしいのは、この映画は前作「スイミングプール」のように、万人が楽しめるタイプの作風ではないということ。5つのエピソードは観客の興味をひきつける力に乏しく、ラスト(出会いのころ)まで見たところで、時間を逆行させる必然性やその演出効果を感じる事は困難だ。見終わったところで、だから何なの?で終わる方多数であろう。この監督の作品が好きで映画館に向かう方ばかりだとは思うが、私は今回の新作はあまり積極的にすすめない。

スイミング・プール 無修正版(送料無料)
同じ監督の前作です。これは面白いですよ。超映画批評でも昔書いた覚えがあるので興味がある方は読んでみてください。リュディヴィーヌ・サニエのナイスバディも堪能できますので男性ファンにもお勧めします。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.