『ライディング・ザ・ブレット』30点(100点満点中)

原作ファン以外があえて見る必要は薄いか

ホラー小説の帝王スティーブン・キング(『スタンド・バイ・ミー』『シャイニング』など)が2000年に発表したインターネット小説の映画化。この原作はキングが実際に交通事故に遭い、そのときの体験が色濃く反映された短編といわれており、臨死体験や「生と死」に対する真摯な姿勢が特徴となっている。

1969年のハロウィンのころ、主人公の画学生(ジョナサン・ジャクソン)はマリファナやロック、女の子を楽しむ普通の学生生活を送っていた。しかし、6歳で父親をなくした体験と、あるトラウマが契機となって、常に自分を冷静に観察する別人格を自らの中に作り上げていた。そして誕生日、バスタブにつかっていると突然死神の幻覚が現れ、「手首を切って自殺しろ」とそそのかすのだった。

このあと展開されるストーリーだけをいうと、母親に会いに行こうとした男が体験するデタラメな旅、ということになるのだが、『ライディング・ザ・ブレット』は人間の内面の心の動きを重視した、キングの原作ものにしては異色の一本になっている。超常現象やら恐ろしい化け物といった、ホラー映画らしい要素はあまりない。

それでも、薄暗いメイン州の道路や不気味な墓地など、原作のムードを生かした映像作りはなかなかのもので、そこで起こる奇妙な出来事の数々はそれなりに興味を引く。なにしろこの映画の監督ミック・ギャリスは、スティーブン・キングと6回もコラボしているほど原作者の信頼を得ているヒトで、この映画の版権も1ドルで買ったなどといっているほどなのだ。キングの世界の映像化には、よほど自信を持っているのだろう。

とはいえ、お話自体がそれほどアップダウンがあるものではないから、普通にホラー映画を楽しみたい人には向かないだろう。どちらかといえば原作が好きという方が、どういう映画になるかな〜と興味を持ちながら見るための作品だ。

ライディング・ザ・ブレット
原作本です。多少設定が違う面もありますので、キング小説が好きな方はこれを機会に読んでみるのも悪くないかもしれません。ちなみにブレットとは、キングがあった交通事故で、彼をはねた車に乗っていた犬の名前です。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.