『マイ・ブラザー』60点(100点満点中)

ありがちなキャラによるありがちな話なれど、それなりに見られるのはウォンビンの演技のおかげ?!

永遠の弟こと韓国のイケメンスター、ウォンビン主演の兄弟愛ドラマ。

女手ひとつで育てられた兄(シン・ハギュン)と弟(ウォンビン)は、おとなしい優等生の兄、ケンカっ早い不良の弟と、正反対の性格に育った。二人とも性根は家族思いのやさしい男なのだが、どうしても二人はそりがあわないのだった。

この二人と母親の物語を、時系列に追っていくベーシックな家族ドラマだ。ひ弱な兄をバカにしながらも、ケンカとなったら命がけで守るように戦う弟。そんな学生時代から、家の家計を救うために弟が危ない仕事をはじめるようになるまで、興味深いエピソードの数々でみせていく。二人が同じ女の子を好きになったり、ときには自分にない相手の性格に嫉妬したりと、まあよくあるものなのだが、結構楽しく見られる。

上記で書いたとおり、とてもわかりやすいキャラクターである弟のほうを、普段はもうちょっとクールなイメージのウォンビンが激しく演じている。その演技を含め、序盤は結構抑えた演出で、お、なかなかこりゃいいなと思っていたが、終盤に入って堰を切ったように説明的台詞が増加、お涙頂戴に走ってしまった。最近はやりの韓国ムービーだが、どうもこういう不必要なまでの熱い感覚(?)にはついていけない。

話自体はとってもイタいもので、主人公家族に巻き起こる不幸のオンパレードを見ていると、とてもつらい。貧乏っていやだなあとつくづく思う。思っても抜け出せるものではないが。

私にとって『マイ・ブラザー』は別段感動したわけでも、心に残ったわけでもないが、かといって悪い映画というわけでもない。ウォンビン目当てで見に行っても、間違いではない。それなりに楽しめるだろう。

フレンズ ― メモリアル・ボックス(送料無料)
ウォンビンが深田恭子と共演したドラマ。レンタルでコツコツ借りるのが面倒くさいという方にはこのボックスセットを。


連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.