超映画批評

コミックマーケット初心者ガイド by超映画批評

※当サークル「超映画批評」のコミックマーケット90(2016年冬コミ)参加日は 12月31日(土) 東地区"U"ブロック01b(略してユーイチ) です

このページについて

コミックマーケットというイベントはその巨大さゆえ、独特の決まりごとが多く、初心者には敷居が高いようです。そこで私、映画批評家の前田有一が自身のサークル超映画批評参加をきっかけに、コミケ未経験者が迷いなく会場にたどり着き、買い物ができるための超初心者向けガイドとしてこのページを作りました。

ですので、参加経験者や、人気ブースに始発から並ぶコアなファンなどの方には不要かと思います。

何時ごろ会場へ行くべきか

コミケというイベントにおいて、会場名を知る前にまず最初にあなたが決めるべきは何時ごろに行くべきかです。

もしあなたが、私の本だけを買いに来る、またはそのついでに世界的に有名な同人誌イベントの雰囲気を味わう、ついでにコスプレのお姉さんがたを見学する、あるいは知り合いのブースを訪ねてみる程度の目的の場合は、12時半すぎに会場に到着するくらいが良いかと思います。

それ以前だと、とんでもない行列で入場規制がなされており、寒い(夏の場合は暑い)中で、相当待たされる羽目になります。

ただし、超人気サークルの本をどうしても入手したい、とか、時間いっぱいでもまわり切れないほど行きたいブースが多い、といった理由がある場合は始発で出かけるなどの覚悟が必要になるでしょう。その場合は他のマニア向け案内サイトをご参照ください。

会場への行き方

会場は東京ビッグサイトという所です。公式サイトにはさまざまなアクセス方法が書いてありますが、基本は二つです。

一つ目は、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅から歩く方法。会場はほとんど駅前感覚です。新橋や豊洲方面からくる場合はこれがオススメです。電車本数も多いのでほとんど待ちません。ただし荒天の場合は多少止まりやすい傾向があります。

二つ目はりんかい線「国際展示場」駅から7分ほど歩く方法。多少距離がありますが大崎や新木場を利用する人はこちらもありです。徒歩ルートはプロムナードが整備されており、当日は大道芸人が出てたりして飽きさせません。

バスやタクシー、自家用車での来場も不可能ではありませんが、会場周辺の混雑は慣れていないと混乱しますのであまりお勧めいたしません。

会場からの帰り方と帰る時刻

初心者の方は、事前に帰る時刻と帰り方を決めておくことをすすめます。

まずあなたが知らなくてはならないのは、イベント終了時刻まで会場に滞在するのは、ある種の覚悟が必要になるという事です。あらゆる交通手段が集中的に混雑するからです。ならばご飯でも食べて時間をずらそうなどと考えるのが常ですが、会場から徒歩圏の飲食店は大行列ができるので入るのも一苦労となります。

こうした状況なので、慣れたサークルは早めに店じまいしてしまいます。閉店間際にいったら跡形もなかった、なんてパターンにならぬよう、午後の早い時間には買い物は済ませてしまいましょう。

私がライトユーザーにおすすめするのは、イベント終了時刻から30分から1時間ほど前に会場を後にするというものです。これならばそれほどの帰宅ラッシュに巻き込まれることはないでしょう。その際は会場近くのお店には寄らず、ある程度離れた駅で、ゆっくりとカフェにでも寄るのがスマートかと思います。

会場についたらどうするか

多少のとまどいはあるでしょうが、周りは気にせずズンズン入っていけばそれでOKです。

次にお目当てのサークルにはどう行くかですが、たとえば2016年夏の当サークル「超映画批評」の位置は「土曜日 東"U"01b」といった記号の組み合わせで表示されています。

これはどういう意味なのかというと、「土」曜日=12月31日の、会場内の「東」地区、U列の01bというテーブル位置に出展していますよ、ということです。はっきりいって初心者にはさっぱりわからないと思います。

でも大丈夫です。会場には一目でわかるボランティアスタッフがあちこちにおりますので、聞けば教えてくれます。社交性ある、めちゃくちゃ親切なオタクのお兄さんばかりなので安心です。

それでも不安のある方は、会場MAP(公式サイト 閲覧には新規登録とログインが必要)というものがありますので、先ほどの記号みたいなものやサークル名などから検索すれば、事前にどのあたりかの見当を付けられます。書籍版であるコミックマーケット 91 カタログを購入すると地図もついてきますし、ヘビーユーザーは皆持ってきているようですが、サークル一つか二つしか行かないので……というライトユーザーは、「東U-01b(超映画批評の場合)」という暗号みたいな位置情報だけメモして会場に行く事をすすめます。

大事なのはサークル位置記号です。これだけは絶対にメモしていくべきです。また、コミケは3日間にわたって開催しておりますので、くれぐれも日付を間違えないようにしましょう。3日間とも出展サークルはガラリと変わります。

その他、気を付けること

・交通icカードを持っていく ⇒混雑の中、慣れない行先まで切符を買うのは大変です

・むやみに撮影はしない ⇒コスプレ会場以外での撮影は規制されています

といったところでしょうか。あとは周りの人のふるまい及び会場内のスタッフに従っていれば何とかなります。

会場内にコンビニもあるので飲み物や食べ物も調達できます。どこも多少の混雑はしますが、コミケットのスタッフたちは芸術的なまでの客誘導の技術を持っており、大して待たされません。ただし飲食店は物理的に満席になったらおしまいなので、期待しないほうが良いです。

初めていく方は、これだけの巨大イベントが毎回つつがなく進行する姿に圧倒されることでしょう。参加者の意識が高いのか、歴史と経験がなせる技なのか。一度は体験することをおすすめいたします。

※万が一、記載事項に誤りなどあればご指摘いただけたら幸いです 2016/12/21

▼『超映画批評』全文検索
Google
  Web movie.maeda-y.com   


連絡は前田有一(映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.