オモシロ映画道場 開催のお知らせ

最新イベントは22年7月!申し込み受付中

現代人必須のエンタメ教養・ビジネス感覚を、笑いとともに学び身に着ける

私、前田有一(映画批評家)と落語家の桂竹紋さんがコラボし、定期的に開催している落語×映画のイベントです。

日常に役立つ雑学を得られる上に、爆笑の時を過ごせます。伝統芸能たる落語も体験できる。ライブならではの共通体験を存分に味わってください。

※西日暮里会場は満席(キャンセル待ちを数名お受けします)になりました。
※関内会場はまだ残席がございます(2022/06/25)

座席予約フォーム

下記ご記入の上、送信ボタンを押してください。あとからキャンセル・変更も可能です。

◆お名前: 

◆E-Mail: 

◆人 数: 

◆参加会場: 

◆参加回数: 初めての参加 過去に参加経験あり

  

開催要項

2022年7月8日(金)19:00〜20:30予定(18:30開場)
活ハウス(西日暮里駅 徒歩6分)
2022年7月9日(土)19:00〜20:30予定(18:30開場)
横浜技能文化会館(関内駅 徒歩5分)
※どちらの日程も内容は同じです

出演者

桂竹紋Twitter)& 前田有一(映画評論家・キャスター)

木戸銭

1800円/おひとり様(当日会場にてお支払いください)

参加者の声

「前半の落語で大笑いしてリラックスした後に、映画やエンタメビジネスについてのトリビア満載の話を聞くと、深い内容もスッと頭に入ってくる」(40代 女性 主婦)

「落語は初めてでしたが現代的にアレンジしていて面白かったです。映画道場のほうは最新の話題をいくつも扱っていて、業界人ならではの裏事情や見方を教えてくれるので、思わずメモを取りたくなってしまいました」(30代 女性 OL)

「普通の講演会と違って、スライド資料にもギャグが入っていて笑えた」(50代 男性 自営業)

「前田氏が先生、竹紋さんが生徒役で軽妙な掛け合いがよかった。でも内容は意外とディープな情報が含まれていたりする。今ヒットしている作品やブームを、国際政治との関わりなどユニークな視点で語ったりしていて興味深かった」(40代 男性 会社員)

過去に取り扱ったテーマ(一部)

トム・クルーズ来日記者会見の裏話
大ヒット「トップガン マーヴェリック」で来日したトム・クルーズの記者会見。そこに出席した前田が見た恐ろしい光景とは?
今さら続編?「鋼の錬金術師」製作再開の舞台裏
ツイッターなどSNS界隈での誤解を一刀両断し、シリーズ再開の舞台裏から山田涼介&本田翼の撮影エピソードまで、ここだけの話をたくさん披露しました。
Netflixドラマ「新聞記者」炎上の舞台裏
本作を例題に、私の映画批評の手法を解説。メディアには載っていない、巷の批判報道の勘違いや問題点もわかりやすく解説しました。さらに関係者との裏話に加え、この問題の裏にあるNetflix社ののっぴきならない経営的事情についても指摘しました。
2022年ヒーロー映画大渋滞
スパイダーマンとヴェノムの共演そしてMCUへの合流を予言、開催1か月後に的中!スパイダーマンシリーズがなぜ重用されるか、裏事情を解説しました。
お笑い!中国エンタメビジネス
反日感情はもはや過ぎ去った昔の話、だがなぜ中国進出は難しいのか、そして21年と22年の決定的なビジネス環境の違いとは? 情報が遅いと最悪、迫害失踪させられる実例を示しながら紹介しました。
コロナで激動!これからの一年間〜に起こること
韓国バブルの発生を予言したところ、わずか数か月後に『イカゲーム』が世界的大ヒット! 的中率の高い話をしています。
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
「鬼滅の刃」との比較、そして監督・庵野秀明のトラウマ人生を知ると感動倍増。イベントのしばらく後にNHKが庵野氏のドキュメンタリー番組を放映して話題に。映画も指摘通り大ヒットしました。
ざんねんなアカデミー賞
最高の映画賞のざんねんすぎるトリビア。そして、誰でも当てられるようになる予想講座です。もちろん当日の予想は的中しましたヨ!
トランプ大統領vsハリウッド 仁義なき戦い
何度逮捕されてもめげない女優、ツイッターで身を滅ぼした女優、ちゃっかり大もうけした夫妻……アメリカ政治と恥ずかしセレブの濃密な関係!
『鬼滅の刃』大ヒットのギョーカイ裏事情
コスプレ、コロナ、ブランド信仰、作画崩壊……大ヒット作の知られざる逸話で盛り上がりました。
『ターミネーター』ダメ映画伝説
第一作から最新作「ニュー・フェイト」まで。失敗ばかりを繰り返した、爆笑と涙の製作秘話。
ざんねんな映画たち
だましてハンコを押させたり、酩酊ヤク中当たり前、脚本は差し押さえられ、天候には見放され、主演俳優はあの世行き……どうしてこんなにダメなのか?!でも笑ってしまう愛すべきエピソードの数々。

絶対損はさせません、ぜひ遊びに来てください!

座席予約フォーム

下記ご記入の上、送信ボタンを押してください。あとからキャンセル・変更も可能です。

◆お名前: 

◆E-Mail: 

◆人 数: 

◆参加会場: 

◆参加回数: 初めての参加 過去に参加経験あり

  



連絡は前田有一(webmaster@maeda-y.com 映画批評家)まで
©2003 by Yuichi Maeda. All rights reserved.